Information...

博士課程後期課程 浜口佳奈子さんの論文がInt. J. Environ. Res. Public Healthに掲載が決定いたしました!

Mar 04, 2020

“Associations among Bone Mineral Density, Physical Activity and Nutritional Intake in Middle-Aged Women with High Levels of Arterial Stiffness: A Pilot Study.

Kanako Hamaguchi, Toshiyuki Kurihara, Masahiro Fujimoto, Koji Sato, Motoyuki Iemitsu, Takafumi Hamaoka, Kiyoshi Sanada.

Int. J. Environ. Res. Public Health. 2020 In press.

博士課程後期課程 西村朋浩さんの論文がJournal of Physical Therapy Scienceに掲載が決定いたしました!

Mar 04, 2020

“Adverse associated with the locomotive syndrome with sarcopenia on walking ability and performance of activities of daily living among Japanese elderly females.

Tomohiro Nishimura, Aiko Imai, Masahiro Fujimoto, Toshiyuki Kurihara, Kentaro Kagawa, Taketoyo Nagata, Kiyoshi Sanada.

Journal of Physical Therapy Science. 2020 Mar; 32(3) : pp227-232.

博士課程後期課程 今井あい子さんの論文がMental Health and Physical Activityに掲載が決定いたしました!

Dec 16, 2019

Association between non-locomotive light-intensity activity and depressive symptoms in Japanese older women: A cross-sectional study.

Aiko Imai, Toshiyuki Kurihara, Daisuke Kimura, Noriko Tanaka, Kiyoshi Sanada.

Mental Health and Physical Activity. 2020 Mar. 18; 100303.

京都滋賀体育学会第148回大会にて、学会賞(奨励論文賞)、若手研究奨励賞を受賞致しました!

Mar 10, 2019

 3月10日(日)、キャンパスプラザ京都にて、京都滋賀体育学会第148回大会が行われ、中山侑紀さん(写真:右)が学会賞(奨励論文賞)を、浜口佳奈子さん(写真:左)が若手研究奨励賞を受賞致しました。

【学会賞(奨励論文賞)】
中山侑紀、井門あゆみ、石井好二郎、家光素行、佐藤幸治、藤本雅大、栗原俊之、浅原哲子、真田樹義
[原著論文]日本人中高齢女性を対象とした内臓脂肪の分布とメタボリックシンドロームリスク因子との関係

【若手研究奨励賞】
浜口佳奈子、栗原俊之、藤本雅大、佐藤幸治、家光素行、浜岡隆文、真田樹義

「中年期女性における動脈硬化指標と骨密度および栄養摂取状況との関連」

4th Asian Conference for Frailty and Sarcopeniaに参加いたしました!

Oct 20-21, 2018

10月20日(土)~21日(日)中国 大連にて、4th Asian Conference for Frailty and Sarcopeniaが行われ、真田先生が下記の内容について発表を行いました。

● 真田樹義
“Association of sarcopenic obesity predicted by anthropometric measurements and twenty-four year all-cause mortality in elderly men”

第39回日本肥満学会に参加いたしました!

Oct 7-8, 2018

10月7日(日)~8日(月・祝)兵庫県 神戸国際会議場・神戸ポートピアホテルにて、第39回日本肥満学会が行われ、真田先生が下記の内容について発表を行いました。

● 真田樹義
『(合同シンポジウム1)サルコペニア肥満の評価と問題点』

日本体育学会第69回大会に参加いたしました!

Aug 24-26, 2018

8月24日(金)~26日(日)徳島県 徳島大学三島キャンパスにて、日本体育学会第69回大会が行われ、真田研究室からは、下記の内容について発表を行いました。

● 浜口佳奈子、栗原俊之、家光素行、真田樹義
『中年期女性の骨指標に対する動脈硬化指標と歩行性及び非歩行性身体活動量の関係』

博士課程前期課程卒業 中山侑紀さんの論文が京都滋賀体育学研究に掲載が決定いたしました!

June 14, 2018

『日本人中高齢女性を対象とした内臓脂肪の分布とメタボリックシンドロームリスク因子との関係』

中山侑紀,井門あゆみ,石井好二郎,家光素行,佐藤幸治,藤本雅大,栗原俊之,浅原哲子,真田樹義. 

京都滋賀体育学研究. 2018 Aug, 34: pp10-18 .

博士課程後期課程 浜口佳奈子さんの論文がトレーニング科学に掲載が決定いたしました!

Apr 19, 2018

『閉経後サルコペニア女性を対象とした骨密度に対する軽負荷パワートレーニング効果の個体差に関連する要因の検討』

浜口佳奈子、栗原俊之、藤本雅大、家光素行、佐藤幸治、浜岡隆文、真田樹義.

トレーニング科学. 2018 in press.

博士課程前期課程卒業 村上泰一くんの論文が肥満研究誌に掲載が決定いたしました!!

Mar 15, 2018

『肥満者を対象とした低強度レジスタンストレーニングの効果:腹部サルコペニアの有無による比較』

村上泰一, 中村由紀, 古嶋大詩, 家光素行, 栗原俊之, 藤本雅大, 有光琢磨, 石井好二郎, 浅原哲子, 真田樹義.

肥満研究. 2018 Apr, 24(1) : pp30-39.

真田先生がハワイ大学と共同で取り組まれた研究が、「Nutrition」に掲載されました!

Jan 09, 2018

Association of Sarcopenic Obesity Predicted by Anthropometric Measurements and Twenty-four Year All-cause Mortality in Elderly Men: The Kuakini Honolulu Heart Program.

 

Kiyoshi Sanada,  Randi Chen, Bradley Willcox, Tomoyuki Ohara, Aida Wen, Cody Takenaka, Kamal Masaki. Nutrition. 2018 Feb; 46: pp97-102.

小西可奈さんの論文がJournal of the International Society of Sports Nutritionに掲載されました!

Jan 09, 2018

Mouth rinsing with a carbohydrate solution attenuates exercise-induced decline in executive function.

 

Konishi K, Kimura T, Yuhaku A, Kurihara T, Fujimoto M, Hamaoka T, Sanada K.

Journal of the International Society of Sports Nutrition. 2017 Nov ; 14: 45.

3rd Asian Conference for Frailty and Sarcopeniaに参加いたしました!

Nov. 01 , 2017

10月27日(金)~28日(土)Korea, Seoulにて、3rd Asian Conference for Frailty and Sarcopeniaが行われ真田研究室からは、下記の内容について発表を行いました。

● Ahyun Shin, Motohiko Miyach, Haruka Murakami, Katsunori Horikawa, Chiaki Iki, Kiyoshi Sanada.
  “Nutrition-related sarcopenia decreases bone mineral density in Japanese adult men and women.”

● Katsunori Horikawa, Motohiko Miyachi, Haruka Murakami, Ahyun Shin, Chiaki Iki, Kiyoshi Sanada.
  “Activity-related sarcopenia increases cardiovascular risk factors in Japanese men and women.”

● Chiaki Iki, Motohiko Miyachi, Haruka Murakami, Katsunori Horikawa, Ahyun Shin, Kiyoshi Sanada. 

     “A cross-sectional study on sarcopenic obesity using different methods in Japanese obese men 

      and women.”

小西可奈さんの論文がトレーニング科学に掲載されました!

Oct. 27, 2017

『食事摂取後に行う運動時の糖質飲料摂取が力調節安定性に与える影響』

 

小西可奈,木村哲也,瀧千波,塩澤成弘,海老久美子,浜岡隆文,真田樹義.

トレーニング科学. 2017 Oct; 29(1): pp1-8.

第72回日本体力医学会大会に参加いたしました!

Sep 22, 2017

9月16日(土)~18日(月)愛媛県松山大学にて、第72回日本体力医学会大会が行われました。真田研究室からは、下記の内容について発表を行いました。

● 石井好二郎、真田樹義、藤井宣晴、佐久間邦弘、町田修一、安田智洋
『(シンポジウム1)サルコペニア研究の基礎科学と臨床の間にあるもの』

 

● 浜口佳奈子、栗原俊之、藤本雅大、家光素行、佐藤幸治、浜岡隆文、真田樹義
『閉経後プレサルコペニア女性を対象とした軽負荷低反復パワートレーニングにおける骨密度変化率と 脈波伝搬速度の関係』

 

● 西村朋浩、栗原俊之、藤本雅大、香川健太郎、永田武豊、真田樹義
『回復期リハビリテーション病棟入院患者においてサルコペニアとロコモティブシンドロームの合併が 日常生活活動能力に及ぼす影響』


​● 小西可奈、木村哲也、祐伯敦史、栗原俊之、藤本雅大、浜岡隆文、真田樹義
『持続的な中高強度運動時の糖質飲料によるマウスリンスが実行機能に与える効果』

Sep 01, 2017

“Development of prediction equations for estimating appendicular skeletal muscle mass in Japanese men and women”

 

Taishi Furushima, Motohiko Miyachi, Motoyuki Iemitsu, Haruka Murakami, Hiroshi Kawano, Yuko Gando, Ryoko Kawakami, Kiyoshi Sanada. Journal of Physiological Anthropology. 2017 Aug ; 36(1): 34.

修士前期課程卒業 板野静枝さんの論文がトレーニング科学に掲載されました!

Aug 14, 2017

『ストレッチング介入が高齢者のバランス能力に及ぼす影響』

 

板野静枝,小西可奈,濱口佳奈子,古嶋大詩,藤本雅大,栗原俊之,家光素行,真田樹義.

トレーニング科学. 2017 July ; 28(4) pp191-203 . 

小西可奈さんの論文がJournal of Physical Fitness and Sports Medicineに掲載が決定いたしました!

Feb 14, 2017

Effect of sustained high-intensity exercise on executive function.”

 

Konishi K, Kimura T, Yuhaku A, Kurihara T, Fujimoto M, Hamaoka T, Sanada K.

Journal of Physical Fitness and Sports Medicine. 2017 Mar ; 6(2):pp111-117.

Comparison between clinical significance of height-adjusted and weight-adjusted appendicular skeletal muscle mass.”

 

Taishi Furushima, Motohiko Miyachi, Motoyuki Iemitsu, Haruka Murakami, Hiroshi Kawano, Yuko Gando, Ryoko Kawakami, Kiyoshi Sanada. Journal of Physiological Anthropology. 2017 Feb; 36(1): 15.

第3回日本サルコペニア・フレイル研究会研究発表会に参加いたしました!

Nov 6, 2016

11月6日(日)愛知県、今池ガスビルにて、第3回日本サルコペニア・フレイル研究会研究発表会が行われ真田先生が、下記の内容について発表を行いました。

●(ワークショップ) 真田樹義、宮地元彦、石井好二郎、浅原哲子
​ 
『サルコペニア肥満の簡易評価法』

2nd Asian Conference for Frailty and Sarcopeniaに参加いたしました!

Nov 4-5, 2016

11月4日(金)~5日(土)愛知県、今池ガスビルにて、2nd Asian Conference for Frailty and Sarcopeniaが行われ真田先生が、下記の内容について発表を行いました。

 

●(Symposium12) Kiyoshi Sanada, Kojiro Ishii, Noriko Satoh-Asahara, Motohiko Miyachi.
​  “Sarcopenia and Sarcopenic Obesity Derined from Anthropometric Simple Measurements.”

オープンゼミDAYが開催されました!

Oct 10, 2016

学部2回生を対象に、オープンゼミDAYが開催されました。

オープンゼミでは、たくさんの2回生の学生たちに、真田研について紹介することが出来ました。

第37回日本肥満学会に参加いたしました!

Oct 7-8, 2016

10月7日(金)~8日(土)東京都、東京ファッションタウンビルにて、第37回日本肥満学会が行われ真田先生が、下記の内容について発表を行いました。

 

●(シンポジウム7・招聘講演)真田樹義、宮地元彦、石井好二郎、浅原哲子
​ 
『サルコペニア肥満の診断と体力及び生活習慣病発症リスク』

第71回日本体力医学会大会に参加いたしました!

Sep 23-25, 2016

9月23日(金)~25日(日)岩手県、いわて県民情報交流センター・盛岡地域交流センター市民文化ホールにて、第71回日本体力医学会大会が行われ真田先生が、下記の内容について発表を行いました。

 

●(シンポジウム7・招聘講演)真田樹義、宮地元彦、石井好二郎、浅原哲子
​ 『サルコペニア肥満の評価法』

63th Annual Meeting of the American College of Sports Medicineに参加いたしました!

May 31 - June 4, 2016

5月31日(火)~6月4日(土)Boston, USAにて、63th Annual Meeting of the American College of Sports Medicineが行われ真田研究室からは、下記の内容について発表を行いました。

● Taishi Furushima, Motohiko Miyachi, Motoyuki Iemitsu, Haruka Murakami, Hiroshi Kawano,
  Yuko Gando, Ryoko, Kawakami, Kiyoshi Sanada.
 “Appendicular Muscle Mass per Body Weight and Waist Circumference were Appropriate Indexes for
  Sarcopenic Obesity.”

● Taichi Murakami, Motohiko Miyachi, Motoyuki Iemitsu, Haruka Murakami, Hiroshi Kawano,
  Yuko Gando, Ryoko Kawakami, Kojiro Ishii, Noriko Satoh-Asahara, Kiyoshi Sanada.
 “Indexes for Sarcopenia and Obesity Have The Difference Association with Metabolic Syndrome Risk
​  Factors.”

博士課程前期課程卒業 戸田遥子さんの論文が「Journal of Physical Therapy Science」に掲載さました!

Feb 17, 2016

“New ultrasonography-based method for predicting total skeletal muscle mass in male athletes.”

 

Yoko Toda, Tetsuya Kimura, Chinami Taki, Toshiyuki Kurihara, Toshiyuki Homma, Takafumi Hamaoka, Kiyoshi Sanada. Journal of Physical Therapy Science. 2016 may; 28(5): pp1556-1559.

Jan 08, 2016

“Ultrasound-Derived Abdominal Muscle Thickness Better Detects Metabolic Syndrome Risk in Obese Patients than Skeletal Muscle Index Measured by Dual-Energy X-Ray Absorptiometry”
 

 この研究論文は、肥満者ではメタボリスクへの影響が高い筋組織厚として腹部が抽出され,さらに,腹部の筋組織厚で分類したサルコペニアはメタボリスクならびに身体機能や筋力との関連が認められ,肥満者に対するサルコペニアの評価方法として超音波法が有用であることを明らかにしました。

 

Ido A, Nakayama Y, Ishii K, Iemitsu M, Sato K, Fujimoto M, Kurihara T, Hamaoka T, Satoh-Asahara N, Sanada K. PLos One. 2015 Dec; 10(12): e0143858.

古嶋大詩君の卒業論文が、肥満研究誌に掲載が決まりました!

Nov 10, 2015

「日本人成人肥満男女を対象としたサルコペニア簡易評価法の開発」
 

古嶋大詩、中山侑紀、井門あゆみ、家光素行、栗原俊之、本間俊行、佐藤幸治、藤本雅大、浜岡隆文、石井好二郎、浅原哲子、真田樹義. 日本肥満学会誌. 2015 Dec; 21(3): pp167-176.

Oct 4, 2015

10月4日(日)東京都、東京大学 伊藤国際学術研究センターにて第2回サルコペニア・フレイル研究会研究発表会に参加し、下記の内容について発表を行いました。

 

● 板野静枝、真田樹義
 『日本人高齢者を対象としたプレサルコペニアと転倒リスクとの関係』
​  

1/2

Please reload

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now